くるぶし・ひざの黒ずみは普段は気がつかないかも

くるぶしやひざの黒ずみがあると、せっかく素敵なスカートやサンダルやミュールを履いても、何気なく目に留まった黒ずんだ足、気もちが下がり人からの印象も悪くなってしまいかねません。

以前はこんなじゃなかった…、どこかにぶつけたのかも・・・、思う方もあるかもしれません。

生活習慣や年齢を重ねてゆっくりと、いろいろな原因が重なって、くるぶしやひざは知らないうちに黒ずんでしまったのかもしれません。

くるぶしやひざの黒ずみの原因や対策、お手入れついてご紹介します。

お手入れが行き届いた美白の魅せ足で堂々とスカートやサンダルやミュールを楽しんでください。

くるぶし・ひざの黒ずみの原因は

ひざやくるぶしの皮膚への刺激や圧迫

正座や立膝で畳やフローリングの板など固いところへ座ることにより、ひざやくるぶしが床面にぴったりと接するようになり、正座や立膝はひざやくるぶしに圧迫を与えることになります。

皮膚は外部からの刺激に対して、肌内部にメラニンを作ることで、肌を守ろうとし、過剰にメラニンを作ってしまい、ひざやくるぶしの皮膚を黒くしてしまっているのです。


血行不良で黒ずみ。

下半身は血液を心臓へ戻すための負担が多く、血行不良になりやすいです。

足元は血行不良によって、冷えなどの症状が出やすく、血色も悪くなります。

血色が悪いと、黒ずんで見えるようになってしまいます。

古い角質の蓄積で黒ずみ。

ひざやくるぶしは立膝や正座などによってよって強い刺激を受けやすいため、肌を守ろうと皮膚も硬く角質層も厚くなってしまいます。

硬い皮膚はターンオーバーの周期も長く、なかなか新しい皮膚に更新されず古い角質が取れにくいです。

古い角質がたまることによって乾燥し新陳代謝が悪くなるため、黒ずみの原因となってしまいます。


日焼けで黒ずみ。

日焼けによっても黒ずみができます。

女性の方はミニスカートやサンダル・ミュールのように膝やくるぶしが出る服装の時があると思います。

膝やくるぶしに対して紫外線対策を行っている方はほとんどいないはずです。

そのため、膝やくるぶしが紫外線の影響を受けてメラニンが生成され色素沈着を起こして黒ずみができてしまうのです。

くるぶし・ひざの黒ずみのケア、お手入れ

風呂上りにくるぶし・ひざの黒ずみのお手入れを。

お風呂上りには角質も柔らかくなっています。

柔らかくなった皮膚にたっぷり保湿をすることで角質層の奥深くまで水分がいきわたります。

ボーディーローションやボディークリーム、化粧水などを利用してケアをしましょう。


下半身の血行を促進するよう心掛ける。

お風呂に入った際には、湯船によくつかり、ふくらはぎをマッサージして下半身の血行を良しましょう。

ふくらはぎの筋肉をよくもむことで足全体の血行をよくしくるぶしの黒ずみも改善するでしょう。


黒ずみケアの専用クリームを使用する。

自分の新陳代謝のフケアで黒ずみを解消しようと思うと時間がかかります。

黒ずみ解消のための専用クリームを使用するのもオススメです。

「ロコシャイン」はひざやくるぶしの黒ずみを解消するには効果的なクリームですので、使用してみるのも方法です。

↓↓↓ロコシャインの公式サイト↓↓↓


かさかさ訴求

ロコシャインでひざやくるぶしの黒ずみのお手入れを

人の肌質は身体の部分によって違います。

皮膚が薄いとか厚いとかの部分、汗腺や皮脂腺がすくない部分、乾燥しやすい肌の部分など身体の部分によってさまざまです。

ひざやくるぶしの黒ずみをケアするのは、クリームならどのようなでもいいというわけではありません。

膝やひじ、くるぶしなどの関節部分は皮脂腺・汗腺が体の中でも最も少ない部分です。

顔と同じケアというのはオススメできません。

顔とひざやくるぶしは、顔とはまったく肌質が違います。

ひざやくるぶしの黒ずみに最適なクリームを選ぶことが黒ずみをケアする上でとても大切です。


ロコシャインは、

ヒザ・ヒジなど固い関節部位の黒ずみケアのための美白セラム。

透明なローションのような高い美容液。

プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの美容成分をたっぷりと贅沢に配合。

ほかに高級フェイシャルエステなどで採用されているバイオアンテージを配合。


 (バイオアンテージとは、天然植物エキスから抽出した美容成分で、アミノ酸やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるため肌のアンチエイジング作用が期待できる成分。)
ベタつかず乾きが早い。

無香料。

小ぶりなプラスチックボトルで旅行などにも持ち出しやすい。

 

サイトマップ

クレジットカ―ド 初心者