半袖やノースリーブの夏だけでなく、ひと昔前と違ってあちらこちらで暖房が入っているところが多く、冬でも肌の露出の多くなっています。

ひじ、ひざ、くるぶしが黒ずんでいることを自分で気がつかない間になってしまっていることがあります。

ひじ、ひざ、くるぶしの黒ずみは年齢感を感じさせさらに清潔感をなくしてしまいます。

クリニック・医療機関の皮膚科で治療を受けることもできますが自宅でできるお肌の黒ずみ解消法を紹介します。

ひじ、ひざ、くるぶしの黒ずみ対策、自宅でできる方法

↓↓↓黒ずみ対策専用ジェルの公式サイト↓↓↓


ロコシャイン


↑黒ずみ対策で人気の美白セラム↑



ひじ、ひざ、くるぶしは皮脂が少ないので、乾燥しやすいです。
乾燥しやすい部位そして関節部分ということでどうしても皮膚は黒ずみになりやすくなります。

まずは、保湿ケアをおこなうことです。
一般的に皮膚が潤っていれば肌トラブルは防ぐことができます。
ひじ、ひざ、くるぶしの表面をしっかり保湿し、乾燥しにくい皮膚環境にしましょう。

ひじ、ひざ、くるぶしの保湿と同時にをやわらかくすることを心掛けましょう。
皮膚がかたいと黒ずみケアをしても保湿成分は浸透しないので、皮膚表面の角質を取りのぞきましょう。

皮膚表面の角質除去としてはピーリングやスクラブです。
ピーリングは、皮膚表面の角質を溶かして除去するものです。
スクラブは、重曹のように肌表面を磨いて、溜まった角質を除去するものです。
どちらも肌の古い角質を除去する効果があります。
ただし、肌の角質を無理やり取り除くため、肌の弱い方には刺激が強すぎる場合があります。


具体的にはお風呂に入った時にケアをはじめるのがいいでしょう。
お風呂につかり、黒ずんでいるひじ、ひざ、くるぶしの皮膚が柔らかくなるようていねいにマッサージをしましょう。

黒ずみ解消で角質を取りたいためにゴシゴシとこするのは肌を痛めるだけです。

もちろん体を洗うときボディーソープで黒ずみのあるひじ、ひざ、くるぶしを必要以上に洗うのもダメです。
必要な皮脂までとってしまうことになります。

皮膚のターンオーバー(新しい皮膚との入れ替わり)は通常のお肌で約28日間かかります。
一度に一気に取れるわけではないので、根気良く少しずつがポイントです。

そして、お風呂あがりにボディーローションやクリームで保湿。

黒ずみのお肌をやわらかくしたら、次に保湿成分を肌に与えます。
保湿効果の高い成分を用いることで黒ずみ対策と予防もできます。
保湿ケアには、美容液よりも油分が多めのクリームにすると、皮膚の表面を覆う役割もできます。

ひじ、ひざ、くるぶしの黒ずみ予防する日常生活を

できてしまったひじ・ひざの黒ずみをとるケアはもちろん大切ですが、日ごろから、お肌を黒ずませない生活習慣取り入れることです。

お肌を黒ずみは摩擦によっておきます。
洋服や下着との摩擦、机や床との摩擦によるものです。
洋服を着る前にひじ、ひざ、くるぶし等にボディクリームを塗るようにすると摩擦からの刺激を軽減できます。

ほおづえをつく癖、立膝になる環境も黒ずむ原因です。
お肌は圧力がかかると角層が分厚くなっていきます。
角層が分厚いと乾燥しやすく、肌が硬くなってしまいます。

黒ずみのできやすい部位のひじ、ひざ、くるぶし等は他のパーツよりも皮脂腺・汗腺が少なく、乾燥しやすくなっています。
ひじ・ひざ等は皮脂の分泌が少ないため、お肌を保護する力が弱くいので、ボディクリームを塗ってお肌を保護する力を助けましょう。



 

サイトマップ

クレジットカ―ド 初心者